患者のための最善の策である医療環境モデル

チーム医療というものが現代においては促進されています。

では、促進の背景にあったものとはどのような事柄なのでしょうか。

以前の医療環境のモデルとしては「医師が中心となる」という事が多かったのです。

このことで、医療従事者が・場合によっては患者本人やその家族までもが、医師の配下に入ってしまうという事も。

こうなってしまうと、主体性が発揮できずに、適切な治療が困難になってしまったり、各診療科における対立などが生じてしまう場合もあるのです。

先のような環境では、やはり最善の策というものも生み出しにくいという背景がありました。

そのような事柄を改善し、壁や配下というものを取り去り、各医療従事者の立場から提言をフィードバックをしながら治療を行うというチームいりょをうの考え方が生まれたのです。

では、チーム医療の「中心」にあるものとは何なのでしょうか。

先にも触れたように、以前は医師がその真ん中に存在していました。

しかしチーム医療においては違います。

中心にいるのは「患者本人」なのです。

ですから、患者本人・患者家族もチーム医療の一員といわれているのです。

患者中心の医療という観点をもつことで、より適切な医療行為が行われるようになるという利点もありますので医療環境の良いモデルが1つ増えたとも言われています。

今では一般的な考えとしてチーム医療と言うものが根付きつつあります。

医療従事者ばかりではなく、私たちもまたこのようなチーム医療について考えておくと更にスムーズな治療が進められるのではないでしょうか。